Posts By: miyasaka


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web18/3/0/0243603/www.miyasaka.tv/wp-content/themes/Video-20140806/author.php on line 77

動画マーケティング専用ホームページ

当社(株式会社宮坂総合研究所=Miyasaka Reserch Institute)は米国で開発された区ワードプレスのテンプレート(Theme=テーマ)を使っています。
ライセンス契約をして、開発されたテンプレートは自社でも使えるし、カストマイズして提供(販売)することもできます。

2年前、僕は「動画マーケティング」の勉強をしていました。
米国に渡り「ジェフ・ウォーカー」のプロダクトローンチのトレーニングを受け、動画制作の知識を色々と吸収していました。

しかし、当時提供されていたワードプレスのテンプレートは「テキスト(文章)」が基本となり、たまに「画像」を意識したギャラリー風のものがある程度で、動画に特化したものはありませんでした

必死になって、サイトを探しました。
その時に見つけたのが「米国テンプレテック社」です。
最初は怖々と無料のテンプレートを使い、次に1サイト分の契約をして、次々に購入している内に「基本ライセンス」の契約をした方が合理的にあることが分かり、現在に到ってます。

先月、「動画」のテンプレートがあたしくなりました。

だから、今回リニューアルです。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web18/3/0/0243603/www.miyasaka.tv/wp-content/themes/Video-20140806/author.php on line 77

4月15日「かめ通信」「かめマガジン」読者の皆様!!


「かめ通信」「かめマガジン」読者の皆様向けに撮影しました。
4月15日(月)の広告を読まれた方は下(↓)の動画を参照下さい。


中高年ネットビジネス(無料コース)
メール  *


私と起業「ニュースレター」登録
メール  *


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web18/3/0/0243603/www.miyasaka.tv/wp-content/themes/Video-20140806/author.php on line 77

電子書籍キンドル出版総集編(シリーズの纏め)

キンドルの電子出版についてシリーズ(1)から(6)まで提供して来ました。
その(1)から(5)をまとめて「総集編」にしました。
参考にしてくださいませ

中高年ネットビジネススクール校長の宮さんです。

今日から「電子書籍の出版方法」を動画のシリーズでお伝えします。

まあ、動画自体は5分から8分程度なので気楽に視聴してください。

僕はキンドル(Kindle Fire HD)を使ってます。

32Gのタイプで19,800円

まあ起業を視野に入れている人は、是非、自己投資してください。

個人的な感想としては「安い投資」だと思います。

ある意味、大人の趣味、知的遊戯の道具として持っていても良いと思う。

最初「タブレット」ってどんな価値があるのかが不明でした。

だって、パソコンは何台もあるし、スマートフォンも手元にあるから

なんでタブレット?という気持ちが正直あったのです。

でも、使ってみたら大ファンになりました。

まず!

なんとなく、格好良い。

ちょい悪親父が持っているアクセサリーには最適かもね~

それと!

面白い。パソコンとは違う面白さがある。

絶対に「趣味の道具」として持つべきだと思う。

さて、今日は具体的な「Kindleで出版する方法」の書籍を解説しています。

まず、Kindleの紹介

僕が持っているKindle Fire HD 32Gで19,800円

それから、電子書籍「Kindle コンテンツ制作 縦組」の話

価格が「200円」

ページの構成は縦書きで約20文字×10行

全体で250ページ

だから文字数を数えたら5万文字?程度

正直、簡単に読める
—————–
電子書籍kindle出版の具体的解説(シリーズ-2)

今日は「Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング」の解説をします。

キンドルで出版する場合、

この「KDP=Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング」に

登録する必要があります。

まずはGoogleで「KDP」と検索してください。

このページに次のことが書かれます。

(1)無料で簡単
   出版にかかるコストは無料です。

(2)世界中で販売
   Amazonの販売チャネルを通じて、世界中の読者に本を販売できます。

(3)いますぐ出版
   出版手続きにかかる時間は5分、本は48時間以内に販売されます。

(4)70%のロイヤリティ
   KDPセレクトに登録すると、日本でも70%のロイヤリティを獲得できます。

(5)多言語対応
   日本語、英語を含む7か国の言語で出版できます。

(6)利用可能端末
   Kindle端末・Kindle無料アプリで本を読むことができます。

とにかく簡単に出版が出来ます。

でも、一つだけお金をかける箇所がある。

僕の動画でも解説していますが、

それが「表紙」!

まあ、とにかく「動画解説」を視聴してくださいませ
——–
今日は「KDP(キンドルダイレクトパブリッシング)アカウント登録」についてです。

出版社の手続きは超簡単

次の3項目を登録するだけです。

(1)会社・出版者情報
   氏名・会社名 (詳細)
   国
   郵便番号
   都道府県
   住所1
   住所2 (オプション)
   電話番号(ハイフンなし)

(2)ロイヤリティの支払い
   KDPでは、日本だけでなく、現在サービスを行っている各国
  (米国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインのKindleストア)で
   本を販売することができます。

   ロイヤリティとKDPセレクト基金からの分配金は月末日を〆日として計算され、
   その60日後に支払いが行われます。

   電子資金振替 (EFT) によって指定した銀行口座に入金いたします。

(3)銀行口座
   銀行口座を登録する

「電子書籍出版(キンドル出版社登録)は超~簡単、たった3項目」

——-
中高年ネットビジネススクール校長の宮さんです。

電子書籍出版シリーズ(その4)

今日は「キンドル出版関連書籍」紹介を紹介します。

キンドルで出版関連の書籍を購入すると

レコメンデーションが下部に表示されるので

そこから辿れば様々な書籍が参照できます。

でも、本当に安いよな~


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web18/3/0/0243603/www.miyasaka.tv/wp-content/themes/Video-20140806/author.php on line 77

「動画マーケティング」の有料トレーニング

中高年ネットビジネススクールでは「動画マーケティング」の有料トレーニングを実施しています。


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web18/3/0/0243603/www.miyasaka.tv/wp-content/themes/Video-20140806/author.php on line 77

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/web18/3/0/0243603/www.miyasaka.tv/wp-content/themes/Video-20140806/author.php on line 77

マインドセット(願望の明確化)

中高年ネットビジネススクール「マインドセット(願望の明確化)」

中高年が漠然と「やり残したことがある!」
と思っているだけでは、残念ながら、
何も進まない・・・

何をしたいの?

思いがないと・・・・
何も実現できない。

最初にやることは・・・
俺(私)はこんなことやりたい!と
思うことから始まります。

こんなことやりたい・・・・

これを「願望」と言います。

突然「願望」とか言われても
一体何をして良いか分からないと思います。

ですから、私が勝手な言葉を続けますので、
頭に浮かぶキーワードを探してください。

野望

成功

儲け

稼ぎ

挑戦

覚悟

選択

「他人と過去」は変えられません

「自分と未来」だけが変化できます。

あなたには価値がある!

だから「諦めない」ことが大切です。